logo labname
Top Page
こんにちは 石塚忠男です。

皆さんは、地球上の生物が利用しているアミノ酸が圧倒的にL体が多いことを不思議に思いませんか?
私は、有機化学の手法で地球上のキラリティの起源を解明することを夢としています。それが、生命の起源解明につながり、新しい医薬品開発へとつながれば素晴らしいと思います。
有機化学は、単なる“合成手法”ではなく、このような夢を実現することのできる科学であるということを皆さんにも知ってもらいたいと思っています。
E-mailtstone@kumamoto-u.ac.jp
生まれ1960年3月14日、東京生まれ
研究テーマ不斉分子認識化学:キラリティの起源解明と薬学への応用
所属学会日本薬学会  日本化学会 有機合成化学協会
担当授業有機化学1、創薬学2、薬学概論2、情報処理A-1&A-2、化学系薬学実習
社会貢献
  • 熊本大学医薬品情報データベースの構築・運営
    (総合情報処理センター、医学部との協力)
  • 薬局備蓄医薬品検索オンラインデータベースの構築
    ジェネリック医薬品検索システムの構築
    (熊本県薬剤師会との協力)
学 歴 昭和53年3月
 東京都立大泉高校卒業
昭和53年4月  
 東京大学理科II類入学
昭和55年4月
 東京大学理学部化学科進学
昭和57年3月  
 東京大学理学部化学科卒業
昭和57年4月  
 東京大学大学院薬学系研究科修士課程入学
昭和59年3月  
 東京大学大学院薬学系研究科修士課程修了
昭和59年4月  
 東京大学大学院薬学系研究科博士課程進学
昭和60年3月  
 同上中途退学
職 歴 昭和60年4月
 熊本大学薬学部教務員
平成 1年3月  
 熊本大学薬学部助手
平成 7年4月  
 熊本大学薬学部助教授
平成 15年4月  
 熊本大学大学院医学薬学研究部助教授(改組)
平成 18年8月  
 熊本大学大学院医学薬学研究部教授
学 位 平成 2年5月  
薬学博士(東京大学)
 2-アミノアルコール系キラル合成子の開発と応用」
受 賞 平成5年12月
  有機合成化学協会九州山口支部奨励賞

平成9年3月
 日本薬学会奨励賞
趣 味筋トレ→サウナ→飲酒、機械いじり
信 条Do it! Do it right!! Do it right now!!!